1. ホーム > データ作成ガイド > 
  2. 基本事項

  • 原稿サイズ
  • 表紙・表紙のみ印刷について
  • ポストカードについて
  • 規格サイズ
  • 表紙の綴じの向き
  • 名刺について
  • トンボについて
  • 表紙の背幅について
  • チラシについて
  • ファイル形式・カラー形式・解像度
  • 表紙の原稿サイズについて
  • チラシの印刷サイズについて
  • モアレについて
  • 冊子本文について
  • チラシ原稿サイズについて
  • 空
  • 空
  • シールについて
  • 基本事項について

    規格サイズ図 断裁時の仕上がり

    原稿サイズについて
    • 原寸サイズの上、周囲に塗り足しをつけたサイズで作成してください。
    • 塗り足しは上下左右各3mmつけてください。
    • 塗り足しが不足した状態や全くない状態で印刷すると断裁時の紙の厚みによるわずかなズレが発生する可能性があり、その結果印刷物の端に白が残りきれいな仕上がりになりません。
    • トンボに関しましては、複数ファイルでのご入稿の場合、全部同じテンプレートを使用したトンボで作成されるか、 全てトンボなしの塗り足しサイズで作成されたものかで原稿を作成していただけましたら問題ございません。
    • 1ファイルのみご入稿であってもトンボがあってもなくても問題ございません。塗り足しの作成をお忘れなきようお願いいたします。
    • トンボのテンプレートは弊社のものでなくてもかまいません。仕上がりサイズが間違いでなければ他社テンプレートをご利用されたり作成されたりしても問題ございません。
    • トンボの上にベタをのせないでください。またトンボの下にベタをおいてレイヤーを統合しますとトンボが見えませんのでトンボを見えるようにした状態にしてください。
    規格サイズについて
    • A3の半分がA4、A4の半分がA5のサイズになります。
    • B4の半分がB5、B5の半分がB6のサイズになります。
    • 規格のサイズと塗り足しは下記のサイズになります。
    規格 サイズ 塗り足しサイズ
    B4 364mm×257mm 370mm×263mm
    B5 182mm×257mm 188mm×263mm
    B6 128mm×182mm 134mm×188mm
    A3 420mm×297mm 426mm×303mm
    A4 210mm×297mm 216mm×303mm
    A5 210mm×148mm 216mm×154mm


    トンボについて
    トンボの解説図
    • 上図の黒枠や青部分および点線はわかりやすくするためのものですご入稿時にはお入れにならないでください。
    • トンボとは印刷物を作成する際に、仕上がりサイズに断裁するための位置や多色刷の版を合わせるのためにつける、版下の天地・左右の中央と四隅などに付ける目印のことです。
    • 内側のトンボ同士を結ぶと仕上がりサイズ。外側同士のトンボを結ぶと塗り足し範囲になります。
    • 安全範囲はチラシや名刺、ポストカード、表紙のみ印刷の場合の安全範囲です。冊子本文の原稿は綴じ部分が隠れるため綴じ側(本の内側)は仕上がり線から16mm程度内側までで大事なセリフや絵を収めるようにすれば製本した後も読みやすいです。あっぷるのテンプレートは内枠がございませんのでお使いのソフトのテンプレートや他社テンプレートをご利用していただくのも問題ございません。
    ファイル形式とカラー形式及び解像度について
    • 解像度は一番最初に設定してください。一度低い解像度にしてしまったものは解像度を高く設定しなおしても画質は良くなりません。
    • カラーはCMYK形式(解像度:350dpi)(RGBでのご入稿は大幅に色が変わる場合がございます。ご了承ください)。
    • モノクロはグレースケール形式(解像度:600dpi)またはモノクロ二階調(解像度:600dpiまたは1200dpi)
    • 解像度は上記より低くても印刷は可能ですが低過ぎると文字や画像が荒れてしまい印刷が綺麗に出来上がりません。
    • モノクロデータをRGB形式やCMYK形式でご入稿しないでください。グラデーション等の色味が がかわります。ご了承下さい。
    • illustrator以外で作成されたソフトは不要なレイヤー・パス・チャンネル等廃棄した後、レイヤーをすべて統合したデータでご入稿ください。
    アプリ 拡張子
    Photoshop psd・eps・pdf
    Illustrator

    MAC:IllutratorCS3まで
    windows:Creative Cloud2015まで

    ai・eps・pdf
    CLIP STUDIO PAINT psd
    ComicStudio psd
    その他
    アプリケーション
    psd・eps・pdf・tiff

    lineart

    モアレについて

    下記条件で作成された場合、印刷にモアレ(異なる網点が重なった時に網の干渉により意図せずでた模様のこと)が出てトーンが綺麗に印刷出来ません。
    現在使用しています印刷機にはモアレを抑えるFMスクリーンを搭載しておりますが原稿によっては完全にモアレをなくせませんのでご注意ください。
    • 並んだアミ点の形が不ぞろい
    • アミ点の形が均一な丸ではない
    • アンチエイリアスが発生している(アミ点の周りにグレーの部分がある)
    • サイズを無理に拡大縮小する
    • 作業上、トーンを回転拡大縮小する
    • 解像度が低い
    • グレースケール形式にてグレーのベタ にトーンが貼ってある。
    • グレーのアミ点でトーンを作成
    • アミ点でグラデーショントーンを作成
    • トーンの重ね貼りをする
    • グラデーション効果やトーン濃度を調整した
    • 原稿とトーンの解像度は同じでない時
    • 細かすぎるトーンを使用している(点が1ピクセル×1ピクセル等)
    • トーンの中心が白く抜けている

    lineart

    メニューごとの基本事項について

    lineart

    【冊子印刷表紙・表紙のみ印刷】綴じの向きについて
     綴じ方向について
    • 左綴じ:表紙の左側を綴じた本。ページを右から左にめくります。主にパンフレットに使用されます。
    • 右綴じ:表紙の右側を綴じた本。ページを左から右にめくります。主に漫画や縦書きの小説などに使用されます。
    • 表紙(表1)・表紙の裏(表2)・裏表紙の裏(表3)・裏表紙(表4)の4Pで表紙となります。
    • 有料オプションの表2・3印刷ご希望の方以外は表2・3のデータは必要ございません。
    【冊子印刷表紙・表紙のみ印刷】背幅について
    • 中綴じは背幅0で作成してください。
    • 背幅は紙の種類及び紙の厚さによって異なりますが、表紙込P16で約1mm、P28で約2mm、P44で約3mmです。
    • 背幅の計算方法:(表紙の厚み×2)+(本文ページ数÷2×本文の紙の厚み)
    • 紙の厚み:アート160kg=0.168mm,エンボス梨地=0.17mm,エンボス布目=0.17mm
    • 紙の厚み:90㎏白上質紙=0.12mm
    • 紙の厚み:コート90㎏=0.078mm,コート110㎏=0.095mm
    • 紙の厚みはインクや温度・湿度等の環境によって多少数値が異なってきます。大体の目安として計算をしてください。
    【冊子印刷表紙・表紙のみ印刷】原稿サイズについて

    原稿サイズ図

    • 原稿の大きさは表紙+裏表紙+背幅に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズで作成してください。
    • 中綴じは背幅0で作成してください。
    • トンボはつけてもつけなくてもかまいません。またテンプレートをご利用してもしなくてもお好みの方法で作成してください。
    • 表紙と裏表紙と背幅をバラバラで作成した原稿は弊社で面付けいたします。
    • A5サイズをふたつ並べると296mm×210mmでA4サイズ(297mm×210mm)と横幅が1mm小さいのでご注意ください。
    【冊子印刷本文】原稿について

    原稿図

    • 原稿の大きさは原寸に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズで作成して下さい。
    • 市販のソフトや他社のテンプレートをご利用されてもかまいません。
    • トンボのあるなしの設定やテンプレートの設定は全て統一してください。(例:2P目はトンボのある原稿、3P目はトンボない原稿でのご入稿はご遠慮ください。)
    • 綴じ側になるページは仕上がり線より大体16mm内側(B5本の場合)に切れてほしくない文字やイラストを収めるようにすると製本後も読みやすい状態になります。
    • ノンブルは必ずつけて下さい。
    • 奥付は必ず書いて下さい。(「本のタイトル」「発行年月日」「サークル名」「発行者の所在連絡方法(メールアドレスやサイトアドレス等)」「印刷会社」など、責任を明確にする表記を掲載して下さい。)
    • 成人向けについて公序良俗に反する内容や、条例・法律に抵触する内容、また、過激な表現については制作をお受け致しかねます。 制作物は、その内容によってはご注文についてご相談させていただく場合があり、 また弊社の判断によっては印刷をお断りする場合もございます。

    lineart

    【ポストカード】原稿について
    • 原稿の大きさは原寸(100mm×148mm)に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズ(106mm×154mm)で作成して下さい。
    • 市販のソフトや他社のテンプレートをご利用されてもかまいません。
    • 絵種替えでのご入稿される方はトンボのあるなしの設定やテンプレートの設定は全て統一してください。

    lineart

    【名刺】原稿について
    • 原稿の大きさは原寸(55mm×91mm)に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズ(61mm×97mm)で作成して下さい。
    • 市販のソフトや他社のテンプレートをご利用されてもかまいません。

    lineart

    【チラシ】印刷サイズについて
    • B4・A3サイズが基本サイズになります。
    • 基本のB4サイズを断裁しましてB4・B5×2・B5+B6×2・B6×4・その他サイズ(その他のサイズは1回断裁毎に500円(税別)かかります)に仕上げることが可能です。
    • 基本のA3サイズを断裁しましてA3・A4×2・A4+A5×2・A5×4・その他(その他のサイズは1回断裁毎に500円(税別)かかります)に仕上げることが可能です。
    【チラシ】原稿について
    • 原稿の大きさは仕上がりサイズの原寸に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズで作成して下さい。
    • B5×2やA4×2の仕上げのデータ入稿される場合、原稿毎に別ファイルにしていただきましてご入稿していただいても弊社テンプレートB5×2・A4×2ご利用いただいてもかまいません。B4もしくはA3テンプレートをお使いになられますと原稿と原稿の隣り合わせた部分の塗り足しがない状態でのご入稿となりますので仕上がりに影響がでます。ご注意ください。
    • B6仕上げやA5仕上げの場合は仕上がりサイズに上下左右各3mmの塗り足しをつけるかB5原稿の2分割し、上側と下側にB6原稿を配置するレイアウトで作成されてもかまいません。この場合真ん中の1mm(隣り合わせた原稿の各0.5mm×182mmの範囲)が塗り足しになります。
    • 市販のソフトのテンプレートや他社のテンプレートをご利用されてもかまいません。
    • 面付けの間違いを防ぐ為、両面原稿に限らず、原稿には天地指定をお願い致します。
    • 表右と表左、裏左と裏右など各部分で原稿を仕上げているファイルでのご入稿の場合右左表裏がどうなるかの完成イメージ見本を入稿時に添付してください。

    lineart

    【シール】原稿サイズについて
    • 原稿の大きさは原寸(182mm×257mm)に上下左右各3mmの塗り足しがあるサイズ(188mm×263mm)で作成して下さい。。
    • B6サイズに断裁(税抜価格500円)できますが片抜きや他のサイズに断裁することはできません。ご注意ください。

    lineart

    ページトップへ

    Copyright © PRINT APPLE. All Rights Reserved.